【災害ベースキャンプ全容公開事業】

2020年9月20日(日)に由利本荘総合防災公園ナイスアリーナにて、災害ベースキャンプ全容公開事業を開催しました。本年度は菖蒲カーニバルが中止となり、別の形で地域に貢献しようと、あすの地域創造委員会として本事業を行う運びとなりました。当日は防災の三本柱である、自分を助ける「自助」、ともに助ける「共助」、公が助ける「公助」、それぞれのプロフェッショナルの講師皆様からご講演をいただきました。第一部に秋田県警察由利本荘警察署谷藤様、秋田社会福祉協議会須藤様、由利本荘市危機管理課三浦様、のお三方よりご講演いただき、第二部にナイスアリーナの施設見学をしました。参加者の皆様には大変満足して頂き、9月23日の秋田魁新報にも取り上げられました。この日の様子は、動画投稿サイト「Youtube」にて10月中旬頃に配信する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です